袴にブーツは正装?

袴にブーツは正装?

袴にブーツは正装? 袴にもいろいろな種類があり、男性の場合の羽織袴は日本の正装スタイルにもなります。
しかし、女性の場合にはさまざまな種類の着物があり、種類によってランクがあります。
第一正装とも言われるのが黒留袖になり、既婚女性であれば色留袖、未婚女性であれば振袖になります。
袴の場合には、今日日本で利用されているシーンとして大学や短期大学の卒業式、教師が学校行事の卒業式で着用する場合などであり、これらの場においては正装とされています。
足元には、草履やブーツが利用されていますが、草履の場合には足袋を着用することになるので、履物を脱いだ時にも違和感がなくかしこまった場所に行くにも向いています。
一方、ブーツの場合には足袋でも構わないのですが、一般的にはストッキングが利用されています。
履物によって袴の丈を調整する必要があり、草履であれば足袋から足の素肌が見えないように長めに設定をし、ブーツの場合には短めにして着用します。

袴にブーツは明治時代に生まれた

袴にブーツを履くようになったのは、明治時代が最初と言われています。
それまで袴に合わせる履き物としては、下駄か草履が主流でしたが、明治時代に革製のブーツが登場するようになってから女子学生の間で大ヒットとなりました。
いわゆるセンセーションを引き起こしたのが革製のブーツだと言えますが、明治時代では編み上げのものが人気でした。
そもそも袴にブーツを履くようになったのは、動きやすいという実用的な面も理由になっていますが、見た目という面から見ても当時ではおしゃれな履き物として認知されるようになったわけです。
実際、袴にブーツを履いてみればわかりますが、案外歩きやすく、靴底も高いですから裾が汚れるかもしれないといった心配もありません。
素材も丈夫ですから、明治時代としては革新的な履き物となったのです。
下駄や草履と比べて、雨の日でも足が濡れる不安もありませんので、ブーツは日常的な靴として女子学生に広まっていったわけです。

新着情報

◎2017/11/17

袴の着付けに必要な物
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

卒業式で矢絣の袴
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

帯の素材
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

袴に合う髪飾りのポイント
の情報を更新しました。

「袴 正装」
に関連するツイート
Twitter