日本の伝統衣装、袴とは

日本の伝統衣装、袴とは

日本の伝統衣装、袴とは 袴は日本で古くから着られている伝統衣装のひとつで、腰より下を覆うようにして着用するものです。
その歴史は古く弥生時代にはその原型が成立しており、近世期に入ると広く着用されるようになっています。
現在では和服そのものがハレの日以外には着用されなくなっており、袴も一般的に着用する衣装というよりも礼装として着用されるのが一般的です。
また現代もちいられているものとしては、いわゆる乗馬袴と呼ばれるもので、古くから伝統的に着用されてきたものとはやや異なります。
現在、使われるシーンとしては未成年者が多く、七五三や卒業式や成人式といったハレの日によく使われます。
ただしこのさいには女性の方が人気が高い傾向にありますし、特に卒業式や成人式はまだ気温の低い時期であり、足元にはブーツを着用することもあります。
一方で男性の場合も女性と同様に着用されますが、和風の結婚式などを行うさいにも着用されます。この場合には紋付羽織袴と呼ばれるものが有名です。

袴を購入するなら展示会がおすすめな理由

日本全国にはさまざまな年齢層向けの袴が販売されています。
できるだけ安く、お得に購入したい、と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
袴といっても本当に色々なもの販売されていて、その販売方法も色々です。できるだけその場でじっくりと見てから検討をしたいと考えている場合には、 袴の展示会に参加するという方法があります。
袴の展示会は全国津々浦々で行われていますので、事前にインターネットなどで検索をして開催地を確認する必要があります。気品溢れる数々の商品を大切な人と一緒に選ぶことにより、スムーズに商品をセレクトできるでしょう。
悩むにしても一緒に悩んだり、相談しながらあれこれと決めることができますので、どれを買っていいのかわからない方にはおすすめです。
ただ、展示会といっても解錠によって参加方法が決まっていることもありますから、まずは条件を調べてみてください。
もしわからないことがあれば、主催者に問い合わせをすることが大事です。

新着情報

◎2017/11/17

袴の着付けに必要な物
の情報を更新しました。

◎2017/8/21

卒業式で矢絣の袴
の情報を更新しました。

◎2017/5/23

帯の素材
の情報を更新しました。

◎2017/3/23

袴に合う髪飾りのポイント
の情報を更新しました。

「袴 おすすめ」
に関連するツイート
Twitter